FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

お墓を撫でに

2013/11/28
秋になったら・・・と思いつつ日々過ごしているうちに、11月も終わりがけとなった。
土曜日に、この日のために来てくれた息子と孫と列をなして山道をたどる。
踏みしめる足元には、笹の葉っぱが積もり、大風で倒れた太い竹が道をふさぐ。
くぐるには低いし、またぐには高過ぎる。すいっとまたいだ息子を真似て足を上げるが、チョット・・・。
細いだらだら坂を登るだけでフーフーと息があがる。
体力の衰えを痛感。目指す我が家のお墓はこの上。石段が続く。
いつの時代かのご先祖様がここを石段にされたのだろう。
どの時代のどなたかなあと思いを馳せる。感謝。🙏

やっと着いたが、見回すと落ち葉が地面を覆い尽くしている。
熊手、ノコギリ、鎌と手にし
働く はたらく ハタラク………。
小学校6年生の孫娘はもう立派な働き手である。
もう何年もお墓掃除を手伝っているので、要領がいい。
例年、主人がやっていた力仕事は、今年は息子がこなしている。
主人は総監督?

墓石に刻まれた文字をなぞる。
昔の年号だが、いつの時代なのか。
おいおいご先祖様の話も伝えなくてはと思う。
長い血の繋がりの一員であること。
代々の人の生き様が、今、自分の体の中に記憶として埋れているということ。
あれこれ・・・。

掃除が終わり、一つ一つのお墓に花をさしていく。
ことしは、初めて孫娘に任せてみた。世代交代かなあと嬉しく思う。

暑い夏にサボったお墓掃除がヤットコサできて、秋風が心地よい。

この頃、不思議なことがある。
家ではだれも煙草を吸わないのに、ふっとタバコの匂いがすることがある。
椅子にくつろいでいる時、
台所に立っている時など。
何だろう。ご先祖様の訪問かな。まさか、ね。
スポンサーサイト
11:33 日常 | コメント(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。